結び方いろいろ・・・

HOME   |   豆知識   |   サイズ   |   基本の結び方   |   ふろしきバック   |   サイトマップ   |  

風呂敷が持つ魅力

ふろしきバック

 

ふろしきの結び方で大好きなのが、ふろしきバック。

結び方は、ふろしきだけで作るものや、リングや持ち手などのアイテムを
プラスするものまで、 いくつかあります。

持ち手_ベルト

でも私のお気に入りは、ふろしきだけで作る、大きなバック。
ふろしきの端を内側に結びこんで、のこった対角線の両端を結んだら、出来上がり。
簡単だし、荷物が一番たっぷり入る結び方なんです。

普段のお出かけにはもちろん、荷物が沢山入るから、買い物のときの
エコバックとして つかったり、旅行先に1枚持っていって
お土産を買いすぎたときの臨時バックとして使ったり。

来年の夏はビーチバッグとしても使いたいな。
砂が入っても解けばさっと取り除けるし。濡れても綿ならばすぐに乾く。

普通の鞄だと洗うことはできないけど、ふろしきなら
汚れてしまってもすぐに洗えるし、アイロンをかければ
また元通り綺麗になるから管理もしやすいのがまた魅力。

応用

ふろしきだと、お気に入りの柄を沢山集めることができるから。
ファッションに合わせたり、シチュエーションに合わせたり。
その時々で違う柄を楽しめる。それが何よりも楽しいかも。

最近ではふろしきの柄デザインも多岐にわたるようになりました。
風呂敷って基本的には単純な四角い布だから形自体は同じです。

でもその四角いキャンバスに描かれる柄のチョイスでぐんっと雰囲気が変わります。
その幅広さは和柄のオシャレなデザインだけではありません。
洋柄も可愛いものがたくさんあって、選ぶのに困ってしまうほどです。

洋服に合わせて持ってもおかしくない柄が今は非常に人気です。
包んで立体になるとまた見え方が変わるのも、楽しいですね。